TOPICS

医療関係の仕事への就職と、残業について

就職に役立った医療専門学校での学び 医療関係の仕事に就職をすると、残業が多いのでしょうか。必ずしもそうというわけではないのですが、次のような病院に努めた場合には、残業が多くなってしまう場合もあるようです。それは、大きな総合病院です。大きな総合病院になればなるほど、たくさんの患者さんがやってきます。小さな病院や、街の病院等ですと、予約枠を設けて、その枠内に患者さんが訪れるなどの方法をとっているため、急患以外の患者さんが、決められた時間で治療を受け帰っていくこととなります。そのため、そういった医療関係の仕事ならばそこまで残業が多くなってしまうことはないかと思います。しかし、総合病院の場合には、特に予約枠を設けていない場合が多いようです。予約枠が無い所にたくさんの患者さんが来てしまいますと、診察もそれだけ押してしまい、診察が終わる時間が遅くなってしまうので、残業となってしまうのです。

そのため、総合病院の場合には、早番と遅番といったように2交代制に分かれている場合が多いようです。2交代制にすることで残業にならないように工夫をしているのだそうです。そうは言っても、医療関係の仕事というのは、単純に患者さんの診察をするだけではありませんので、毎日の業務をしっかりとこなしていこうと思いますと、なかなか定時で帰るのは難しいという現実もあるようです。ですので、医療関係に就職をしようと思っているのでしたら、そのあたりも考慮するのがおすすめです。

お役立ち情報

Copyright (C)2022就職に役立った医療専門学校での学び.All rights reserved.