TOPICS

医療業界への就職をお勧めします

就職に役立った医療専門学校での学び 最近世の中は不景気な時代が続いており、一般企業の社員の給料は中々上がらず、賞与も年々減る企業が多いです。製造業はどんどん海外へのシフトが続き、国内の産業の空洞化が進んでいるような気がします。これから就職を控えている方は、少しでも将来が明るい業界への就職を希望していることと思われます。

先日、学生時代の友人4人と集まって飲みに行く機会がありました。業界は異なりますが私を含めて全員会社員です。各々の現状について話をしました。私ともう一人の友人は化学関連のメーカーの営業をしています。円高が進み、海外への輸出が上手くいかなかったり、国内へ海外の安価品が輸入されているため、お互い苦戦しているのが現状でした。もう一人も製造業のメーカーの営業で、医療用器具の販売しています。医療器具はやはり人の命に係わることなので、値段よりも品質が最優先され、また、日本技術が最先端ということもあり売上は底堅いどころか、年々良くなってきているとのことです。最近ではお客さんの納期対応に困っているくらいでした。最後の一人は製薬会社の営業マンでMRをやっています。業界内での競争は激しいそうですが、販売しているのが薬なので、劇的に売上が落ちることは無いそうです。話を聞いていて、やはり医療業界は需要が安定しているため、業績も底堅く将来も安定しているなと思いました。これから就職を控えている方は医療業界へ就職することをお勧めします。

お役立ち情報

Copyright (C)2022就職に役立った医療専門学校での学び.All rights reserved.