TOPICS

医療系の中でも買い手市場の就職活動について

就職に役立った医療専門学校での学び 医療系の就職活動は売り手市場と買い手市場が両極端になっています。売り手市場なのは、医師、看護師、四年制から六年制の間で需要が急増している薬剤師、介護士、理学療法士、作業療法士などです。反対に買い手市場となっているのは臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士などです。この売り手が強いか買い手が強いかは就職活動を行う学生たちに非常に大きな影響を与えます。例えば医師の就職は大学がまとめてあっせんしているので学生は何の不安もありません。看護師はどこの医療施設でも不足しているので、国家試験ぎりぎりに採用試験を受けても採用される可能性が高く学生の精神的負担にはなりません。逆に買い手市場の職種は国家試験とゆうプレッシャーもありながら就職への不安もあり、学生への精神的負担となっています。それは企業の就職活動と違って医療系の求人は不足した人員を必要に応じて追加するシステムなので早くに就職活動を始める事ができないからです。

募集する施設側も不必要な人員を採用する事は出来ないので、求人時期を早める事は求められません。そこで私は学校に就職活動の負担をもっと背負ってほしいと思うのです。具体的には医療施設から提供される求人情報を学生に提供するだけでなく、学校自ら積極的に動いて求人をもらってきてほしいと思うのです。そうする事で学生に対し十分な量の求人情報を提供する事ができ、学生も本来の目的である勉学や資格取得に励む事が出来ます。就職難の現代では資格をとれる医療系の学校が人気になっていますが、学生が増えるとゆうことは限りある就職先を奪い合う事が増えます。その中で学校が学生に代わって動く事は学生だけでなく、学校にとっても就職率を上げて新たな入学者を増やす事に繋がり利益になると思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2022就職に役立った医療専門学校での学び.All rights reserved.